雨漏りは修理を行なう前に調査を行います

屋根は常にダメージを負っているんです

雨漏り業者に調査や修理を依頼している人は木造住宅が多い

雨漏りの調査を依頼するケースで、最も多い住宅は木造住宅です。その割合は全体のおよそ4割であり、他によく用いられている鉄骨や鉄筋コンクリートは10%未満です。なぜ木造住宅に修理を依頼する割合が多いかというと、その理由は、単純に木造住宅のほうが多いということと、木材は水を吸収しやすいからです。また、雨漏りが発生しだすリスクが生まれるのは主に築年数が10~20年経過した頃ですが、欠陥住宅の場合購入して一年足らずで雨漏りが発生するケースもあります。

調査を依頼した人はよくする質問

木造住宅の木材が雨漏りにより傷んでいます。調査と修復を同時に依頼できますか?
もちろんできます。調査の際に発見した木材のダメージが深刻な場合や汚れなどが発生している場合は、ご希望いただければその日のうちに施工を行います。また、雨漏りなどで湿った木材はシロアリに狙われやすいため、被害に遭わないように害虫防除も併せて承っております。
雨漏りの調査はどのくらいの費用が必要ですか?
業者によって変わりますが、見積もりのための調査は基本的に無料のところが多いです。調査を行い、現状報告をした後、雨漏りの修理のための適切な方法を行った際に発生する金額を提示されます。それで問題がなければ依頼をする流れになっています。

異変に気がついたら早めの雨漏り調査が重要です

雨漏りは、早期発見・早期解決が最も好ましいです。「まだ被害はそれほどじゃないから」と修理を後回しにすると、雨漏りの被害は取り返しがつかないことになってしまいます。雨漏りは放置すればするほど雨漏りの箇所の木材は腐り始め、もろくなっていきます。それだけではなく、湿った環境が長引くことでカビが発生してしまいますし、湿った木材を狙いにシロアリが発生することもあります。その結果、家の修繕費は莫大なものになってしまうため、早く解決しなければならないのです。

TOPボタン