築年数の長い木造住宅は雨漏りの調査で状態の点検をしましょう

屋根は常にダメージを負っているんです

木造住宅で行なう雨漏りの5つの調査方法

雨漏りの調査は目視以外にも様々な手段があり、素人のチェックではわからないこともわかります。ここでは業者が行なう調査方法を紹介していきます。

シート養生による雨漏り調査
雨漏りをしていると思しき場所にシートを設置し、確認する調査方法です。雨漏りをしていた場合、シートに湿気が発生しているため雨漏りの有無を確認することができます。調査には時間がかかりますが、家に掛かる負担は少ないです。
散水による雨漏り調査
雨漏りしていると思しき箇所にホースで水をかけて確認する方法を散水調査といいます。この方法は浸水経路も確認できますが、調査には高度な技術が必要になり、素人が行ってもあまり効果はないためプロに依頼しましょう。
赤外線カメラによる雨漏り調査
赤外線カメラを用いて温度を確認し、温度差が激しい場所を調べる方法です。こちらも散水調査と同じく建物の構造や仕組みを理解していないと特定は難しい上に、カメラそのものが高価なので素人が行っても効果は薄いです。
発光液による雨漏り調査
発光液を雨漏り箇所に流し込み、紫外線を照射して雨漏りの侵入経路を確認する調査方法です。こちらは散水調査よりもより詳しく侵入経路を確認できる調査方法であり、コストも赤外線調査より安価に行なえます。
目視による雨漏り調査
直接目で雨漏りしたと疑わしき箇所をチェックする調査方法です。この中では最もコストがかからない方法であり、無料調査はだいたいこの目視による調査によるものです。この方法でも一定の調査はできますが、目視できない内部の調査は別の手段で確認する必要があります。

木造住宅ではできない雨漏りの調査方法もある

女性

上記した手段以外にも、ガスを利用したガス圧入法という手段もあります。これは、その名前の通りガスを使用した方法です。雨漏りの箇所にガスを家の内部から送り込むことによって漏洩したガスを探知機で調査して侵入経路を特定する手段です。これは木造住宅には不向きであり、鉄筋コンクリートなど内部の空間が少ない建造物に向いています。

信頼できる業者に雨漏り調査を依頼する2つのポイント

雨漏りの調査を業者に依頼する場合、押さえておくべきポイントは2つあります。そのポイントについて紹介していきましょう。

何を基準して雨漏りの調査を行なう業者を探せばいいですか?
雨漏り診断士の資格を持っている業者に依頼すると安心して任せることができます。雨漏り診断士とは認定資格の一つであり、雨漏りや建築に関する専門的な知識が備わっていることの証明になります。そのため、資格を有している業者は一定以上の技術を有しているということであり、信頼して依頼することができます。
実績や経験がある業者を見極めるコツはありますか?
質問を即座にわかりやすく答えてくれる業者は実績や経験を積んだ業者であることが多いです。経験が豊富でクライアントが気になる疑問などに対して的確に答えてくれるため、不安を取り除いてくれます。また、施工や工事の流れをわかりやすく説明してくれる業者も同様に信頼できます。電話や無料での調査の時に色々質問し、見極めましょう。

信頼できる業者を選ぶ際におさえるべき2つのポイントは「雨漏り診断士の資格を持っている」ということと「質問に即座にわかりやすく答えてくれること」です。この2つのポイントを基準に信頼できる業者を探しましょう。これは家が木造住宅でも鉄筋コンクリートでも変わりはありません。

TOPボタン